• 梱包講座もくじ

    国際宅急便の輸送には、トラック、航空機を利用します。
    お客様の大切なお荷物を大事に運ぶことを心がけておりますが、
    事前梱包は、万が一の破損を防ぐためにも大変重要です。
    是非、本ページをお読み頂き、事前の梱包をお願い致します。


  • 梱包講座 LESSON 1

    お品物の入れ方・詰め物

    お品物が箱の中で動いてしまうと、破損する
    可能性が高くなります。

    新聞紙などを丸めて、詰めることでお品物を

    固定して下さい。

    複数のお品物を1つの箱に入れる際は、

    まず重いものを下に入れ、軽いものを

    上に乗せてください。

    箱の底は必ずガムテープを十字に貼ってください。

    底抜けの防止になります。

    箱をさかさまにして底のダンボールを合わせ、
    縦にテープを貼ります。補強のため、横向きにも
    図のようにテープを貼りましょう。

  • 梱包講座 LESSON 2

    お品物別梱包方法

    コップ、皿

    1つずつエアキャップなどで巻きましょう。
    複数をエアキャップで巻いてしまうと、皿同士、
    コップ同士がぶつかり、破損の原因となります。

    オリーブオイル、メープルシロップ等

    汁がこぼれると、他のお品物までぬれてしまう
    ため、ビニールで2重に個別梱包することを
    お勧めします。

    ビン類

    購入時の箱には緩衝材が入っていないため、
    衝撃を吸収することは出来ません。
    緩衝材入りのビンを固定できる箱に入れて
    しっかり梱包しましょう。

    衣類

    シワにならないようにするには、1着ずつ
    ビニール袋に入れると効果的です。

  • 梱包講座 LESSON 3

    PC、電化製品、電子機器

    精密機器のため、厳重に梱包、固定をすること
    が大事です。ビニールで2重、3重にパッキングし、
    箱の中で動かないようにしましょう。
    乾電池が入っている場合は、抜いてください。

    内蔵電池が入っている場合、
    MSDS(Material Safety Data Sheet)が
    必要です。MSDSとは
    詳しくは商品のメーカーにお問合せ下さい。

    電化製品、精密機器を輸送する際には、
    覚書に署名が必要です。
    覚書のダウンロードはコチラから

  • 梱包講座 LESSON 4

    梱包資材について

    お客様のご用途に合わせて、
    様々な梱包資材をご用意しています。
    支店毎に用意している資材が
    異なりますので、お問合せ下さい。

    お気軽にお問合わせください。

    引越しのお問い合わせ 最寄りのヤマトを検索